3/3 ひなまつり 桃の節句

Pocket

花を贈る日

ひなまつり 桃の節句

ひなまつりは3/3

日本で女の子の健やかな成長と幸せな結婚を願う節句行事です。

ひなまつりといえば

ひな人形・菱餅・桃の花・ひなあられ・白酒・ちらし寿司…

あなたは何を思い浮かべますか?

今回は花贈りの日ということで、ひなまつりに飾る花について焦点を当てていきたいと思います!

◆桃の花◆

ひなまつりが桃の節句と呼ばれているのは昔は桃の花が咲くころ(4月頭ごろ)に行われていたからです。ひなまつりの花といえば桃の花を思い浮かべる人が多いのではないでしょうか。

桃の花の花言葉は「天下無敵」「私はあなたのとりこ」「チャーミング」

◆桜◆

桜の花も欠かせませんね。ひな人形を飾るときに向かって右側に桜の花を飾ります。春という時期やひなまつりの柔らかな雰囲気がぴったり合う花ですよね。それに日本らしさも感じさせます。

桜の花言葉は「精神の美」「優美な女性」

◆橘◆

橘と聞いてあまりピンと来なかった方もいるのではないでしょうか(私がそうです)しかし、ひな人形を思い浮かべるとありました。ひな人形に向かって左側に飾る柑橘系の木です。ちなみにミカンっぽい実はとても酸っぱくて食べられないそうです。

橘の花言葉は「追憶」

桃・桜・橘 どの花にも共通するのが魔除けとか厄除けの意味。女の子の健やかな成長を願って飾られるようになったんですね。

最近では住宅事情からひな人形を飾らない家庭が増えてきているとか。

ひな人形の販売会場でもガラスケースに入ったお雛様とお内裏様が主流ですね。

けれどいつの世も女の子の健やかな成長を願う気持ちは変わらないものです。

 

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です