私が花を飾る理由 飾らないなんてもったいない!飾らない理由を潰してみた

Pocket

花を飾る理由とそのメリットデメリットについて考えてみました。

花を飾るととてもいいよ!ということを私は書きたいのですが、その前に花をなぜ飾らないのか?について一度考えてみます。

花を飾らない理由

「手入れが手間・枯れる」

「飾る場所がない・飾れない」

「金銭的な余裕がない・高い・もったいない」

「時間的余裕がない」

「買わない・必要がない」

私も花を飾らない人だったので、以前ならそう思いますね(笑)

まとめると「花を飾るのは手間がかかるしコスパが悪いので必要性を感じない」でしょうか。

花を買うとき

多くの人が花を買うときはどんな時でしょうか?

「母の日」(その他行事)

「日常の飾り」

「お供え」

「友人へのプレゼント」

「誕生日・記念日」

やはりお祝い事には花が欠かせない。場が華やぎますね。

日常に飾っている人もいますが、花を飾る習慣の全くない人にとっては花をもらうことは嬉しい反面どうしていいかわからないと困った経験をしたことがあるのでは?

花を買う理由は数あれど「花を日常的に飾ってほしい」という私の願いから、ここからは花を日常的に飾ることについてフォーカスしたいと思います。

以前は花を飾らなかった私が推せる花のある生活の魅力はこちら!!

☟☟☟

「花は最高のインテリアであり、自然の息吹を感じられる場所」

花は最高のインテリア☆

花はあるだけで大抵の雑貨より美しいと思います。

居住空間を居心地のよい空間にしたいから、とついつい家具や雑貨が増えてしまったり、出かけたら何も買わずに帰るのもなんだかもったいない、とちいさな雑貨を買ったりしてしまう。

現にわが家はとーっても物のを多い家で何かを写そうと思ったら、絶対にほかの何かが写ってしまう場所しかないくらい物であふれています。

でもなんででしょう。こんなに物があるのに満足しない感じ。

花はただそこにあるだけで美しく、出かけた時の物欲も満たしてくれます。

一日とて同じ表情の日はない

花は広い意味で生き物です。そばにあると本当に生きていると感じる。

つぼみは開いて咲いていくし、水は減る。花は徐々に開いていくしやがて枯れる。

昨日に比べて今日、間違いなく成長を感じられるし、衰退も感じる。

花の命は短いけれど、美しく咲き誇る姿からやがて朽ちる姿を眺めながら、生きているということを感じ自分を投影してしまうのです。

2/20 つぼみだったチューリップ

3/5

サンダーソニアはしおれ、チューリップもそろそろ終わり

レースフラワーはまだまだ現役

注目は2週間の間にチューリップの茎が伸びているところ!!生きてる…。

 

コスパは良い

上の花束で600~700円くらいだったかな?

何種類か組み合わせていますが、スイトピー2本とかだと2~300円くらいだし、バラ2本とかでも500円くらいです(品種や時期によります)

送別会の花束!とかを予約するとだいたい3,000~5,000くらい考えますよね。

だけど普段買う日常のお花の数量ならとーっても安いんです。

それにはなを飾らない時期は切り花って2~3日みたいなイメージがあったのですが、全然!上のチューリップとサンダーソニアはそろそろ限界に近いですが、レースフラワーは全然変わっていない。これを購入したのは2/20、で今日は3/5。約2週間も楽しめた(多分もっと楽しめる)!

コスパよくないですか?

癒し効果

人間が花を飾るのは生活空間に花を飾ることで、自らの感性を刺激したいから。

そして癒されたいからだと思っています。

テクノロジーが発達して自然が遠いものになってきました。

今自分の周りを見渡してください。自然のものがいくつありましたか?

私がこの記事をかいているときには、目の前にある花以外すべて人工物です。

テクノロジーの進化は悪いことではなく、便利なものもどんどん出てきています。しかし、本来自然の中で生きる人間にとって、人工物ばかりに囲まれた生活はただ生きているだけで、知らず知らずストレスを抱えているのです。

公園にいくとホッとする。田舎の集落に行くと懐かしくて安心する。山に行くとすがすがしい気持ちになる。

花を見るとリラックスできる。

研究結果でも、生花を見ながら作業した場合リラックスできストレスが軽減されたという結果がでています。

思わぬメリット

花は美しいので周りが雑然としているとなんだか申し訳なくなり、一生懸命キレイを保とうとします。

我が家は物がありすぎてすべてモデルルームのようなキレイさに!というわけにはいきませんが、花を活けてある周囲は整頓状態を保っています。

花を飾ってみようかな?という気持ちになりましたか?

最後に飾らない理由をクリアにしちゃいましょう♡

「手入れが手間・枯れる」

花の手入れといえば毎日水を変えることくらいです。簡単すぎる!

それすらも面倒な方は流行りのハーバリウムかプリザーブドフラワー、ドライフラワーを飾っちゃいましょう。癒し効果は期待できます!

そして生花のお助けアイテム☆

切花栄養剤(キープフラワーなど)

お水にこれを入れておくだけで、水替え不要。

バクテリアの繁殖を抑えて栄養を与えます!放置で問題ないです。

「飾る場所がない・飾れない」

豪華なアレンジメントを飾る必要はありません。1輪だけでいいんです。一輪だけのスペースなんてほんのスマートフォンサイズの面積があれば余裕です。

そして花瓶もコップでOK。

「金銭的な余裕がない・高い・もったいない」

コスパの良さは上で書いた通りです。それでももったいない、本当に衣食住で精いっぱい何も買えないという方には強要できません…(泣)頑張って生きていきましょう。

「時間的余裕がない」

手入れに関する手間は水替えくらい。毎日1分くらいですね。

栄養剤を使ってしまえばそれすらサボれます。

買いに行く暇がない?近所に花屋はありませんか?都心部には駅にも。

花を1本選んで買うくらいなら数分で済みますよ~

本当に時間がない!でも気になるという方や田舎すぎる人のために生花定期便考案中です♡ 商品化まで少々お待ちください。

「買わない・必要がない」

ここまで見ても必要ないと思いますか?

それでは仕方ないですね(泣)そういう生き方もあると思います。

少しでもお花を飾って癒される人が増えることを願っています☆


コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です