カラーセラピーを学んだわけ

Pocket

私がカラーセラピーを学んだのには、理由があります。

瑞雨zuiuのビジョンは「花で人を元気にする」

花には無限大のチカラがあり、人を癒したり慰めたりします。

以前書いたように、花は五感を刺激しリラックスさせます。

五感の中でもまずは視覚。

視覚から得られる効果は花の姿形だけではありません。

花の色、葉の色、実の色。

色にはイメージやメッセージがあり、花の色によって受ける印象が変わります。

バラの花ひとつとっても様々な色があります。

黄色。希望に満ち溢れた感じがしませんか?

紫。安らいだり高貴な感じがしませんか?

赤。エネルギッシュで攻撃的な感じがしませんか?

色によってこんなにも違うんです。

もっと色のもつ癒し効果を勉強して、

「花」と「色」でもっと深く人を癒したり、元気にすることができないか?と思ったことがキッカケです。

この癒し効果、単に「スピリチュアルなもの」としてではなく「色彩学」「心理学」「色彩心理」に基づいた科学的なものなのです。

お花を通して元気をお届けできるように、常に勉強していきたいです! いつか自分のメソッドを作りたい☆

お花は学べば学ぶほど、癒し効果が期待できると感じられる。

カラーは学べば学ぶほど、自分の心を見すかされる。

だからカラーセラピーは自己分析にピッタリ!

月末にTCマスターカラーセラピスト講座を受けてきます。

今までよりも更に知識を深めてカウンセリングできるようになります。

ただいま4月の予約受付中です。

スタート割引中です。

先着15名の限定価格の予定です☆

カラーを通して自分を見つめてみませんか?

予約はカラーセラピー予約フォームから

カラーセラピー詳細はこちらから

ブログランキングに参加しています。

下にスクロールさせると出てくる応援ボタンを押していただけると更新の励みになります!

またsnsボタンで拡散シェアしていただけるととっても喜びます。snsボタンは記事の下にあります。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です