感受性が強くて生きづらい人

2月に東京へ行った際、大切な友人と会いました。

カラーセラピーを学んで自身の心の底を覗きました。

ダブルで重なってある言葉が気になりました。

「とても感受性が強いんだね」

今まで特にそんな風に思ったことはなかったけど、「感受性が強い」という言葉が忘れられず、青森へ帰宅してからなんとなく検索してみたのです。

人の気持ちや目に見えない思い、空気感を敏感に感じ取ってしまう性質を持った人々を一般的に『感受性が強い』や『繊細な人』と呼びます。

感受性が強いということは、本来とても素晴らしいこと。

だけど、”高すぎる”感受性ゆえに日常生活において普通の人以上に苦しめられている人が少なからずいるのです。

そういう人たちをHighly-Sensitive-Person(HSP)と呼びます。

 

• まぶしい光や、強い臭い、肌触りの悪い布、近くを通るサイレンの音といったものに容易に圧倒されてしまう。

• 短時間に多くのことを抱えるとあわててしまう。

• 暴力的な映画・テレビ番組を見ないようにしている。

• 忙しい日々が続くと、ベッドや暗い部屋、もしくは一人になって刺激をやわらげることができる場所に閉じこもりたくなる。

• 生活する上で、動揺したり圧倒されるような状況を避けることを最優先にしている。

• デリケートで繊細な、香りや味・音・芸術作品がわかり、それを楽しんでいる。

• 豊かで複雑な内面世界をもっている。

• 子供のころ親や先生は、わたしのことを繊細あるいは内気だと思っていた。

上記に思い当たることはありましたか?

HSPは病気ではなく、正常な特性で全人口の15〜20%にみられます。

HSPのこと、感受性が強いこと調べてみて初めて知りました。

ですが、私自身に思い当たることが多々あります。

ニュースは苦手です。事故や事件などの暗いニュースはまるで自分のことのように苦しく感じられ、心がざわつきます。

怒鳴る声、怒っている声が苦手です。対象が私であるか、は問題ではなく、仮に赤の他人同士が怒り、怒られていても心がざわつきます。

周囲にいる人の感情の起伏(とくにマイナス感情)もいちいち気になり、ざわつきます。

ドラマ、映画が苦手です。恋愛もの心のすれ違い、感動ものの不幸なシーン。とても見ていられません。

感動は不幸を乗り越えることで起こることがほとんどです。乗り越えることの感動より、不幸なことを引きずります。

アルマゲドン:地球は救われますが、犠牲となった彼らのことを思うとひどく心がざわつきます。おかげで、映画を詳細に見たことはありません。

海猿:どのシリーズか忘れましたが、救助のため主人公とともに海底へと潜った同僚が海中へ閉じ込められることになり、主人公へ「お前は俺を残していけ!」とばかりに合図し、主人公は彼を残して脱出、そして他の人を救ってハッピーエンド。

映画の内容をほぼ忘れても、救助して感動が待っていても、残された彼の最期の表情は今も心に残り、心をざわつかせるのです。

などなど。

九死に一生、驚愕映像は見ないようにしています。結果的に助かっても死ぬ思いをしたところなど見たくありません。その時のことを思うと胸が張り裂けそうになります。

震災。

東日本大震災のエピソードは語り継いで、後世への災害の教訓として残すことも大切です。本日もたくさんのエピソードが流れています。

ただ、私の出身地もその時いた場所も震災とは関係なくとも、被災者のことを思うとこの上ない苦しみを感じ心がざわつくのです。

(※関係ない と表現していますが、他人事だと思っているわけではありません。あくまで、私は当時の直接被災者ではないということです。)

あれ?自分もそうかもしれないと思ったら、セルフチェックを行なってみてください。

HSPセルフチェックシート

感受性が強いとストレスを抱えこみ、追い詰められすぎてうつ症状や神経症に悩まされることがあります。

大切なのはストレスを溜め込まないように発散すること。

できる限りひとりの時間を作り、ゆっくりしたりして心のざわつきを落ち着かせましょう。

感受性が強いことはマイナスなことばかりではありません。

人の気持ちを汲むことができたり、

小さなことで感動できたり、

周囲に深い愛情と優しさをもって接することができます。

感受性が強い=感受性が豊か です。

私が「生きづらい」と感じている理由は感受性が強いことと連動しているとは思ってもいませんでした。

生きづらいと明確に感じていたわけでもないですし、感受性が強いと認識していたわけではありません。

同じような方、もしかしたら高い感受性のために生きづらいのかもしれません。

ですが、素晴らしい特性なのですよ。

HSPの方は自分を責めすぎる傾向にあります。

震災の教訓を残すため、被災地復興のため、当時のエピソード、忘れられない記憶を振り返る番組が放送されています。

自分の心が苦しくなったら、無理に見る必要はありません。

見ないこと、それが非情なことではありません。

誰よりも深く感じているのですから、自分を大切にしてあげてください。

被災者の心の傷が少しでも癒え、被災地の復興を心より願っています。

2018.3.11

ブログランキングに参加しています。

この記事がいいな と思ってくれたら、下にスクロールさせたら出てくるブログランキングの応援ボタンを押してくださると励みになります

またSNSでシェア拡散してくださると嬉しいです!

私が花を飾る理由 飾らないなんてもったいない!飾らない理由を潰してみた

花を飾る理由とそのメリットデメリットについて考えてみました。

花を飾るととてもいいよ!ということを私は書きたいのですが、その前に花をなぜ飾らないのか?について一度考えてみます。

花を飾らない理由

「手入れが手間・枯れる」

「飾る場所がない・飾れない」

「金銭的な余裕がない・高い・もったいない」

「時間的余裕がない」

「買わない・必要がない」

私も花を飾らない人だったので、以前ならそう思いますね(笑)

まとめると「花を飾るのは手間がかかるしコスパが悪いので必要性を感じない」でしょうか。

花を買うとき

多くの人が花を買うときはどんな時でしょうか?

「母の日」(その他行事)

「日常の飾り」

「お供え」

「友人へのプレゼント」

「誕生日・記念日」

やはりお祝い事には花が欠かせない。場が華やぎますね。

日常に飾っている人もいますが、花を飾る習慣の全くない人にとっては花をもらうことは嬉しい反面どうしていいかわからないと困った経験をしたことがあるのでは?

花を買う理由は数あれど「花を日常的に飾ってほしい」という私の願いから、ここからは花を日常的に飾ることについてフォーカスしたいと思います。

以前は花を飾らなかった私が推せる花のある生活の魅力はこちら!!

☟☟☟

「花は最高のインテリアであり、自然の息吹を感じられる場所」

花は最高のインテリア☆

花はあるだけで大抵の雑貨より美しいと思います。

居住空間を居心地のよい空間にしたいから、とついつい家具や雑貨が増えてしまったり、出かけたら何も買わずに帰るのもなんだかもったいない、とちいさな雑貨を買ったりしてしまう。

現にわが家はとーっても物のを多い家で何かを写そうと思ったら、絶対にほかの何かが写ってしまう場所しかないくらい物であふれています。

でもなんででしょう。こんなに物があるのに満足しない感じ。

花はただそこにあるだけで美しく、出かけた時の物欲も満たしてくれます。

一日とて同じ表情の日はない

花は広い意味で生き物です。そばにあると本当に生きていると感じる。

つぼみは開いて咲いていくし、水は減る。花は徐々に開いていくしやがて枯れる。

昨日に比べて今日、間違いなく成長を感じられるし、衰退も感じる。

花の命は短いけれど、美しく咲き誇る姿からやがて朽ちる姿を眺めながら、生きているということを感じ自分を投影してしまうのです。

2/20 つぼみだったチューリップ

3/5

サンダーソニアはしおれ、チューリップもそろそろ終わり

レースフラワーはまだまだ現役

注目は2週間の間にチューリップの茎が伸びているところ!!生きてる…。

 

コスパは良い

上の花束で600~700円くらいだったかな?

何種類か組み合わせていますが、スイトピー2本とかだと2~300円くらいだし、バラ2本とかでも500円くらいです(品種や時期によります)

送別会の花束!とかを予約するとだいたい3,000~5,000くらい考えますよね。

だけど普段買う日常のお花の数量ならとーっても安いんです。

それにはなを飾らない時期は切り花って2~3日みたいなイメージがあったのですが、全然!上のチューリップとサンダーソニアはそろそろ限界に近いですが、レースフラワーは全然変わっていない。これを購入したのは2/20、で今日は3/5。約2週間も楽しめた(多分もっと楽しめる)!

コスパよくないですか?

癒し効果

人間が花を飾るのは生活空間に花を飾ることで、自らの感性を刺激したいから。

そして癒されたいからだと思っています。

テクノロジーが発達して自然が遠いものになってきました。

今自分の周りを見渡してください。自然のものがいくつありましたか?

私がこの記事をかいているときには、目の前にある花以外すべて人工物です。

テクノロジーの進化は悪いことではなく、便利なものもどんどん出てきています。しかし、本来自然の中で生きる人間にとって、人工物ばかりに囲まれた生活はただ生きているだけで、知らず知らずストレスを抱えているのです。

公園にいくとホッとする。田舎の集落に行くと懐かしくて安心する。山に行くとすがすがしい気持ちになる。

花を見るとリラックスできる。

研究結果でも、生花を見ながら作業した場合リラックスできストレスが軽減されたという結果がでています。

思わぬメリット

花は美しいので周りが雑然としているとなんだか申し訳なくなり、一生懸命キレイを保とうとします。

我が家は物がありすぎてすべてモデルルームのようなキレイさに!というわけにはいきませんが、花を活けてある周囲は整頓状態を保っています。

花を飾ってみようかな?という気持ちになりましたか?

最後に飾らない理由をクリアにしちゃいましょう♡

「手入れが手間・枯れる」

花の手入れといえば毎日水を変えることくらいです。簡単すぎる!

それすらも面倒な方は流行りのハーバリウムかプリザーブドフラワー、ドライフラワーを飾っちゃいましょう。癒し効果は期待できます!

そして生花のお助けアイテム☆

切花栄養剤(キープフラワーなど)

お水にこれを入れておくだけで、水替え不要。

バクテリアの繁殖を抑えて栄養を与えます!放置で問題ないです。

「飾る場所がない・飾れない」

豪華なアレンジメントを飾る必要はありません。1輪だけでいいんです。一輪だけのスペースなんてほんのスマートフォンサイズの面積があれば余裕です。

そして花瓶もコップでOK。

「金銭的な余裕がない・高い・もったいない」

コスパの良さは上で書いた通りです。それでももったいない、本当に衣食住で精いっぱい何も買えないという方には強要できません…(泣)頑張って生きていきましょう。

「時間的余裕がない」

手入れに関する手間は水替えくらい。毎日1分くらいですね。

栄養剤を使ってしまえばそれすらサボれます。

買いに行く暇がない?近所に花屋はありませんか?都心部には駅にも。

花を1本選んで買うくらいなら数分で済みますよ~

本当に時間がない!でも気になるという方や田舎すぎる人のために生花定期便考案中です♡ 商品化まで少々お待ちください。

「買わない・必要がない」

ここまで見ても必要ないと思いますか?

それでは仕方ないですね(泣)そういう生き方もあると思います。

少しでもお花を飾って癒される人が増えることを願っています☆


花で心を癒す#五感編

花の力は無限大です!

花には大地のパワーがあります。

花は五感を刺激し、人をリラックスさせます。

こういうのを聞くとスピリチュアル?を思い浮かべられるかもしれませんが、きちんと医学的データが出ています。

実際に私もお花と出会ったこと、ふれあったことで救われました。

本日はお花のパワー#五感編をお伝えしますね。

視覚…花には様々な色があり、また形も様々です。綺麗な色合いは私たちを目で癒させてくれます。同じ種類の花にもそれぞれ個性があり、生きているということを実感させられます。

嗅覚…花の香りには様々な効果があります。アロマオイルを思い浮かべるとわかりやすいかもしれませんね。有名なものをあげると、ラベンダーの香りは安眠効果がありますし、バジルやオレガノなどのハーブ類は食欲を増進させますね。

触覚…花に触れることは大地に触れること。人間の本能を呼び覚まし、気持ちがやさしくなります。生花に触れると本当にはかないものや力強い枝、そこにはまぎれもなく生きているものがあるのです。

味覚…代表的なものでいえばハーブティーでしょうか。また最近ではエディブルフラワー(食べられるお花)も見かけます。

聴覚…風で木の葉がすれる音、小川のせせらぎ。自然の音というのは文明のない時代にタイムスリップさせ、人間の「生きる」という本能を感じさせられます。

 

好きな花を選び、触れ、好きな形に生ける。

その行動こそ最大の癒しであり、リラックスになります。

私は毎週出かける予定がある火曜日に花を買い、生けています。

 

しかし、生花の扱いや手入れは少しの知識やお手入れの面倒さがあるというのも事実です。(頑張らない生花の扱い方、生け方はまた別の機会にお伝えしますね)

ハーバリウムは、長期間みずみずしい状態でお花をインテリアをして楽しめます。もちろんお手入れ不要です。

大切な方への癒しのプレゼントとして

癒しのインテリアに

頑張る仕事場のストレスケアに

瑞雨zuiu 村川令子

 

 

ストレスを抱える現代人へ

お花は嗜好品です。
生きていく上で最低限の衣食住には必要のないものです。

しかし現代はストレス社会。
みな大なり小なりストレスを抱えて生きています。

過剰労働で自殺まで追い込まれてしまった方もいらっしゃいました。

私は死のうとは思ってませんでしたが、車を運転しながら「どこからか車が突っ込んできて、大怪我でもすれば会社に行かなくて良いのに…」と考えていました。

思い返すと重症です…😢

私は信頼できて真正面から受け止めてくれた上司のお陰で休職し、後に退職に至りましたが、

休職できない 辞められない
そこまでじゃなくても仕事は辛い

全てを解決するとは言えませんが、お花は無条件で癒されます!!!

ただ置くだけ。
ただ見るだけ。

主観ではなく、きちんとした医学的データもあります。

ストレス軽減効果
緊張を和らげる効果
抑うつ軽減効果
疲労軽減効果
混乱が軽減される効果
活気か得られる効果
(千葉大学環境健康フィールド科学センター(自然セラピープロジェクト) -みずほ情報総研 より引用)

ストレスを抱えている方
会社を辞めたい方
疲れている方
受験生
上記の方が身近にいらっしゃる方

お花を置いてみませんか?
さらなる負担になるお手入れは必要ありません。

置いて眺めるだけ。
仕事の合間に
勉強の合間に
少しだけホッとします。

どこからか車が突っ込んでこないかな…なんて考えてしまうほどの方は絶対に今すぐ休んで病院に行きましょう!!

休んでから何もせず、ただお花を眺めましょう。
周りが頑張っているので不安で申し訳ない気持ちになりますが、何もしなくてもいいのです。
パワーを溜め込んで、それからいくらでも恩返しできますから☺️

お手入れの負担はありません。
ストレスを抱える方へ
大切な人のために
瑞雨の無着色ドライフラワーハーバリウム

無着色ドライフラワーアレンジメント専門店

瑞雨zuiu