かかりつけ花屋

花き市場で働きはじめて2週間経過しました。

生活が変わり、まだパターンを掴みきれていないので、ブログ更新が空いてしまっています。

地道に更新していきますね。

ハーバリウムも変わらず制作しています♪

母の日のご注文ありがとうございました!

当日に間に合わなくても…!という方、まだまだお待ちしています!

オンラインストア→

さて花き市場での切り花のセリは基本的に

「月・水・金」に行われています。

この日にはたくさんのお花屋さんが仕入れにきます。

だいたい昼過ぎ〜夕方にはお店での水揚げが終わり、店頭に並ぶと思います。

(そのあたりはお店によって変わりますが)

月水金の昼以降は仕入れたばかりのお花に出会えるチャンスです!!

お花は季節ものなので、時期によって品揃えが変わります。この時期にはどうしても手に入らないお花もあります。

お仕事帰りにお花屋さんに寄ってみて、移り変わる季節を感じるのもとても素敵ですよ。

そしてお花屋さんとは気軽に会話して、仲良くなることをオススメします♡

咲ききってるから安くするね♪ とか、

今日はガーベラが安いよ♪とか、

見切り品をオマケするね♪とか、

まだ店に出せてないけど、あっちにもお花届いてるから見ていいよー♪ とか、

たくさんオマケ&情報くれます。

お祝いや送別など、お願いしたい時にも相談にのってくれるはず。

かかりつけ医ならぬ、かかりつけ花屋…ぜひ!

そしてかかりつけハーバリウム屋さんはぜひ瑞雨zuiuで♡♡

*ご提供中のメニュー*

贈り物に最適。

あの人のためにオリジナルハーバリウムを贈りませんか?

ハーバリウムのオーダー受け付けています。

好みの色やイメージでお作りできます。

イメージが固まっていなくても、

メールなどでお話しながらイメージを固めていきましょう♡

修正も可能です!

ハーバリウムオーダー詳細はこちらから

(オーダーの仕方詳細ページへ移動します)

新作続々UPしています。

瑞雨zuiuの公式オンラインストアはこちら から

(そのままBASEオンラインストアへリンクします)

色を通して深層を知る。

自己分析や悩みの解決のお手伝いをします

本当の自分になるセッションはこちらから

(カラーセラピー個人セッション詳細ページへ移動します)

最後までお読みいただきありがとうございました。


にほんブログ村


にほんブログ村瑞雨zuiuのブログを応援する👆

瑞雨の記事をシェアする☟

5/1 すずらんの日(ミュゲの日)

花贈りの日

5/1すずらんの日(ミュゲの日)

フランスでは5/1に愛する人やお世話になっている人にすずらんを贈る習慣があります。

もらった人には幸運が訪れるのだとか。

フランスですずらんのことを ミュゲmuguetというので、ミュゲの日とも言われています。

[すずらんには毒がある!?]

すずらんには毒があります。根や花に多いですが、すずらん全体に含まれます。

誤って摂取してしまうと、嘔吐、めまい、血圧低下、心臓麻痺などを起こし、最悪の場合死に至ります。

致死量は青酸カリの15倍とか…。

とってもかわいく、良い香りのすずらん。

食卓には置かない方が良いでしょう。

花粉にも毒は含まれますし、すずらんを生けた水を誤って飲んで死亡したケースもあるので注意が必要です。

ただし必要以上に怖がる必要はありません。

(私は食卓の脇に飾ったこともあります)

毒がある、と知ったうえで安全に楽しんでくださいね。

明日は花屋にすずらんが沢山あると思いますよ〜♡

とっても良い香りで人気があります!ぜひ♡

*ご提供中のメニュー*

贈り物に最適。

あの人のためにオリジナルハーバリウムを贈りませんか?

ハーバリウムのオーダー受け付けています。

好みの色やイメージでお作りできます。

イメージが固まっていなくても、

メールなどでお話しながらイメージを固めていきましょう♡

修正も可能です!

ハーバリウムオーダー詳細はこちらから

(オーダーの仕方詳細ページへ移動します)

新作続々UPしています。

瑞雨zuiuの公式オンラインストアはこちら から

(そのままBASEオンラインストアへリンクします)

色を通して深層を知る。

自己分析や悩みの解決のお手伝いをします

本当の自分になるセッションはこちらから

(カラーセラピー個人セッション詳細ページへ移動します)

最後までお読みいただきありがとうございました。


にほんブログ村


にほんブログ村瑞雨zuiuのブログを応援する👆

瑞雨の記事をシェアする☟

お母さんには頭が上がらない!

お母さんって本当に凄いです。

育児、家事、仕事、プライベート…

全てこなす母親はとっても大変。

私はまだ子どもがいないですが、仕事と家事の両立がもうすでに大変…。

世の中のお母さん方や自身の母親には本当に頭があがりません。

専業主婦でも家の中にはやることが盛りだくさん。

母の日くらい(本当はもっと)休ませてあげて、感謝の気持ちを表したいです。

↑こちらはユリとグロリオサ。

母の日といえばカーネーション。

母の日ギフトカタログを見ると、花束や鉢植えなどたくさんの種類があります。

ハンカチやストールなどの服飾小物やお菓子もありますね。

セブンアンドアイグループやコンビニ各社の母の日ギフトカタログにもハーバリウムが載っています。

ディズニーやスヌーピーなどのキャラクターものもありかわいいのですが、

ぜひ村川にあなたのお母さんのために、想いを込めてひとつひとつ丁寧に制作させてください!!

母の日ハーバリウム(カーネーション使用)や、各種ハーバリウムを母の日用に梱包、配送できます♡

母の日当日の配送は、5/9水曜日中の入金確認分までのものに限らせていただきます。

5/10以降にご注文、入金確認された分は母の日以降順次発送になります。

完全オーダー品の母の日当日の配送は、5/5土曜日までの申し込みご連絡までになります。

よろしくお願いいたします。

お母さーん、いつもありがとう〜♡

*ご提供中のメニュー*

贈り物に最適。

あの人のためにオリジナルハーバリウムを贈りませんか?

ハーバリウムのオーダー受け付けています。

好みの色やイメージでお作りできます。

イメージが固まっていなくても、

メールなどでお話しながらイメージを固めていきましょう♡

修正も可能です!

ハーバリウムオーダー詳細はこちらから

(オーダーの仕方詳細ページへ移動します)

母の日ハーバリウムあります!

瑞雨zuiuの公式オンラインストアはこちら から

(そのままBASEオンラインストアへリンクします)

色を通して深層を知る。

自己分析や悩みの解決のお手伝いをします

本当の自分になるセッションはこちらから

(カラーセラピー個人セッション詳細ページへ移動します)

最後までお読みいただきありがとうございました。


にほんブログ村


にほんブログ村瑞雨zuiuのブログを応援する👆

瑞雨の記事をシェアする☟

花ハンター

りょうちゃんの花ハント

こんにちは。瑞雨zuiuの村川令子です。

桜が開花し、暖かい日が続いています♪

桜以外のお花も咲き乱れているので、散策しがてら花ハンターと化しています。

本日(2018.4.20)の桜(青森県八戸市)

近所のボタニカルスポットといえば

史跡 根城の広場。

根城(ねじょう)は築城主は南部師行(なんぶもろゆき)で、日本100名城のひとつであります。

お城といっても平屋の屋敷なんですが(笑)

その根城の周りが広場になっていて、様々な植物が植えてあります。

・レンギョウ

・椿

・ウメ・ユキヤナギ・シダレザクラ・ぎぶし

・かたくり

八戸市のボタニカルスポット

根城(八戸市根城字根城47)

博物館もあります!

春はお花いっぱい♡

道端や住宅街でも綺麗なお花と出逢えます。

・スイセン

わりと植えてあるお宅多いです。

・ミツバツツジ

・チューリップ

みなさんも近所で花ハンターになってみては??

*ご提供中のメニュー*

贈り物に最適。

あの人のためにオリジナルハーバリウムを贈りませんか?

ハーバリウムのオーダー受け付けています。

好みの色やイメージでお作りできます。

イメージが固まっていなくても、

メールなどでお話しながらイメージを固めていきましょう♡

修正も可能です!

ハーバリウムオーダー詳細はこちらから

(オーダーの仕方詳細ページへ移動します)

新作続々UPしています。

瑞雨zuiuの公式オンラインストアはこちら から

(そのままBASEオンラインストアへリンクします)

色を通して深層を知る。

自己分析や悩みの解決のお手伝いをします

本当の自分になるセッションはこちらから

(カラーセラピー個人セッション詳細ページへ移動します)




最後までお読みいただきありがとうございました。


にほんブログ村


にほんブログ村瑞雨zuiuのブログを応援する👆

瑞雨の記事をシェアする☟

4/23 サンジョルディの日

花を贈る日

4/23サンジョルディの日(本の日)

親しい人同士が本や花を贈り合うカタルーニャ伝統の日

多くは男性から女性へ花を、

女性から男性へ本を贈るそうですが、

親子や友人同士で贈り合ったりもします。

ユネスコ 世界図書・著作権デー(世界本の日)

日本では こども読書の日 が制定されています。

カタルーニャでこの日贈られる花は赤いバラの花。

カタルーニャの街では花や本の市が立ち並び、沢山の人が買い求めて大変な賑わいだそうです。

花を贈る日って素敵ですね〜♡

普段お花を買わない方がいきなり奥さまにお花を贈ると「どしたん?なんかあったん?」なんて言われそうですが、

贈り物に悪い気はしないはず(いや、むしろ嬉しいはず!)

サンジョルディの日にかこつけて、赤いバラ一輪贈ってみませんか♡

200〜400円くらいで買えると思いますよ〜

*ご提供中のメニュー*

贈り物に最適。
あの人のためにオリジナルハーバリウムを贈りませんか?
ハーバリウムのオーダー受け付けています。
好みの色やイメージでお作りできます。
イメージが固まっていなくても、
メールなどでお話しながらイメージを固めていきましょう♡
修正も可能です!
ハーバリウムオーダー詳細はこちらから
 (オーダーの仕方詳細ページへ移動します)
瑞雨zuiuの公式オンラインストアはこちら
 (そのままBASEオンラインストアへリンクします)
色を通して深層を知る。
自己分析や悩みの解決のお手伝いをします
TCカラーセラピー個人セッションはこちらから
(カラーセラピー個人セッション詳細ページへ移動します)

母の日用ハーバリウムも販売、オーダー受付中です!

最後までお読みいただきありがとうございました。


にほんブログ村


にほんブログ村

瑞雨zuiuのブログを応援する👆

瑞雨の記事をシェアする☟

新作♡試作中

新作試作中です♡

少し公開〜

桜のハーバリウム製作しました🌸

日本各地で桜の便りが聞こえてくるようになりました。

お花見しましたか?

青森県は桜の開花は4月下旬ですが、 少しずつ春らしい日も増えてきました。

試作で問題無ければショップに出しますので、お楽しみに♡

ギムレットには早すぎるね

ギムレットをイメージしたハーバリウムを制作しました。

BAR KURA(東京都世田谷区桜新町)さん のオーダーハーバリウム

店内ディスプレイとして置いていただいています!

お客さまにも大変ご好評とのことで、とっても嬉しいです。

ギムレット

ジンにライムジュースを合わせたショートドリンクタイプのカクテル

色は淡緑色や白色

レイモット・チャンドラーのハードボイルド小説『長いお別れ』の中に登場するセリフ

「ギムレットには早すぎるね」

“I suppose it’s a bit too early for a gimlet,” he said.

このセリフで一躍有名になったカクテルです。

実はこのセリフも物語も知らなくて、ギムレットを制作するにあたりネタバレを少し読んだのです。

泣ける…。

セリフを聞いた印象は「まだ子どもだな」って意味か、「ギムレットすごい(今の君にはもったいない)」っていう意味かと思ったんですが、もっと深い、深すぎる意味がありました(泣)

とってもジーンときました。一度しっかりと読んでみたいです。

日本では1958年刊の清水俊二 訳『長いお別れ』 が長く親しまれていたようですが、2007年に新訳 村上春樹 訳『ロング・グッドバイ』が刊行されて、現在は両方流通しているそうです。

ちなみに、村上春樹 訳では「ギムレットを飲むには少し早すぎるね」だそうです。訳の違いも面白いですね。

カクテルハーバリウムシリーズ 第1作

“ギムレット”

私にとっても大切なカクテルになりそうです。

余談

私は普段あまりお酒を飲まないので、BARに行ったのも数えるほどです。

カクテルも居酒屋で良くメニューにあるものしか分からないくらいで。

2月に東京へ行った際にBAR KURAへ連れてっていただいたんです。

「カクテルって芸術だなぁ」と。

そのあと沢山調べました。

カクテル辞典なんかをみて次に作りたいものを考えているのです。

あなたの思い出のカクテルがあれば、ぜひ教えてくださいね。




ブログランキング参加中です。

いいな、と思ったら下にスクロールさせると出てくる応援ボタンを押していただけると励みになります!

またSNS等でシェア拡散していただけると、とっても喜びます♡

別れの季節。ありがとうの気持ちを込めて感謝のハーバリウムを贈りませんか?

感謝の気持ちを込めてハーバリウムを贈りませんか?

別れの季節。

卒業や転勤。春は別れの季節でもあります。
私自身も過去転勤族であり、現在も転勤妻です。
この春、偶然同じ街に暮らしていた大学の後輩がこの街を去ることになりました。
別れは寂しいですね。しかし、新天地へ向かう同級生や同僚へ、いままでの感謝と激励を伝えるチャンスです!

送別にハーバリウムを贈ろう!

飾って癒される新感覚インテリア。大人気ハーバリウム。
ハーバリウムとは、元々植物標本のことです。
インテリア用にデザイン性を高めたハーバリウムはこの1年ほどで若い女性を中心に急速な勢いで人気を集めています。
ひとつひとつ手作業で丁寧に制作しております。
あなたの大切な人へ感謝の気持ちが伝わるように、全力でお手伝いさせていただきます。

自然本来の美しさで、癒しの力をプレゼントする
瑞雨zuiuのハーバリウムは無着色のドライフラワーにこだわっています。
人工的に着色されたプリザーブドフラワーや染色されたドライフラワーは一切使用しておりません。
自然の花のパワーを感じてほしいから。
人工物に囲まれている近代、人間は少なからずストレスを受けています。
ストレス社会にお花で癒しを届けたい。そんな想いでこだわっています。
店主自ら一本一本丁寧にドライにしたものを使用。
高純度のミネラルオイルで満たすことで、長期間お手入れ不要でとってもみずみずしい状態でお楽しみいただけます。

ありがとうの文字を手書きで。
ギフトラッピングを同時購入していただいた方に、手書きのカリグラフィーメッセージを入れています。
カリグラフィーとはアルファベットの書道のようなもの。
イタリック体やゴシック体でしたらご存知の方もいらっしゃるのではないでしょうか。
Thank You たった一言でも手書きの温かみが染み入ります。

癒されるハーバリウム

瑞雨のトールびん:ハーバリウムらしいスタイリッシュなロング角柱びんです。
『カラーハーバリウムシリーズ』
同系色にまとめることで花と色の持つ癒し効果が期待できるシリーズです。
植物の癒しの力と色の持つ効果で贈る相手の幸せを願いませんか?

嬉しい感想もいただいています。

Sさま「転勤になり、お世話になった金沢営業所のオフィスへ感謝の気持ちを込めて贈りました。
とても美しく、オフィスのメンバーから“仕事中とても癒される”と逆に感謝されました。ありがとうございました。」

ありがとうございます!私も嬉しいです!!

想いの伝わるギフトお手伝いさせてください
プレゼントするということは、贈る側も贈られる側も嬉しいもの。
そんなHappyな瞬間を瑞雨zuiuにお手伝いさせてください!
カラーハーバリウムシリーズの他、数種類のシリーズの商品をUP中です。
ぜひ贈る相手のイメージで選んでみてくださいね。

在庫数は余裕をもってすぐお作りできる数を掲載しています。
Sold Out商品もお問い合わせくだされば材料を仕入れ対応できるものもございます。
BASEアプリでブランドフォロー&お気に入り登録で在庫数増やすかも??

BASEアプリで瑞雨zuiuをフォローする

完全オーダー品はオーダーページよりお問い合わせください!

ブログランキングに参加しています♡

この記事がいいな と思ってくれたら、下にスクロールさせたら出てくるブログランキングの応援ボタンを押してくださると励みになります。

またSNSボタンからシェア拡散してくださるとうれしいです!

3/9 サンキューの日

花を贈る日

3/9 サンキューの日

3月9日で3.9 サンキュー!!

めちゃくちゃ語呂合わせですが、なんでも良いんです。

感謝は伝えなくちゃ伝わらない。

サンキューの日だって言われると、ありがとうって伝えるハードルが低くなりませんか?

サンキューの日に ありがとう を。

お花を贈って伝えてみましょう♡

私が花を飾る理由 飾らないなんてもったいない!飾らない理由を潰してみた

花を飾る理由とそのメリットデメリットについて考えてみました。

花を飾るととてもいいよ!ということを私は書きたいのですが、その前に花をなぜ飾らないのか?について一度考えてみます。

花を飾らない理由

「手入れが手間・枯れる」

「飾る場所がない・飾れない」

「金銭的な余裕がない・高い・もったいない」

「時間的余裕がない」

「買わない・必要がない」

私も花を飾らない人だったので、以前ならそう思いますね(笑)

まとめると「花を飾るのは手間がかかるしコスパが悪いので必要性を感じない」でしょうか。

花を買うとき

多くの人が花を買うときはどんな時でしょうか?

「母の日」(その他行事)

「日常の飾り」

「お供え」

「友人へのプレゼント」

「誕生日・記念日」

やはりお祝い事には花が欠かせない。場が華やぎますね。

日常に飾っている人もいますが、花を飾る習慣の全くない人にとっては花をもらうことは嬉しい反面どうしていいかわからないと困った経験をしたことがあるのでは?

花を買う理由は数あれど「花を日常的に飾ってほしい」という私の願いから、ここからは花を日常的に飾ることについてフォーカスしたいと思います。

以前は花を飾らなかった私が推せる花のある生活の魅力はこちら!!

☟☟☟

「花は最高のインテリアであり、自然の息吹を感じられる場所」

花は最高のインテリア☆

花はあるだけで大抵の雑貨より美しいと思います。

居住空間を居心地のよい空間にしたいから、とついつい家具や雑貨が増えてしまったり、出かけたら何も買わずに帰るのもなんだかもったいない、とちいさな雑貨を買ったりしてしまう。

現にわが家はとーっても物のを多い家で何かを写そうと思ったら、絶対にほかの何かが写ってしまう場所しかないくらい物であふれています。

でもなんででしょう。こんなに物があるのに満足しない感じ。

花はただそこにあるだけで美しく、出かけた時の物欲も満たしてくれます。

一日とて同じ表情の日はない

花は広い意味で生き物です。そばにあると本当に生きていると感じる。

つぼみは開いて咲いていくし、水は減る。花は徐々に開いていくしやがて枯れる。

昨日に比べて今日、間違いなく成長を感じられるし、衰退も感じる。

花の命は短いけれど、美しく咲き誇る姿からやがて朽ちる姿を眺めながら、生きているということを感じ自分を投影してしまうのです。

2/20 つぼみだったチューリップ

3/5

サンダーソニアはしおれ、チューリップもそろそろ終わり

レースフラワーはまだまだ現役

注目は2週間の間にチューリップの茎が伸びているところ!!生きてる…。

 

コスパは良い

上の花束で600~700円くらいだったかな?

何種類か組み合わせていますが、スイトピー2本とかだと2~300円くらいだし、バラ2本とかでも500円くらいです(品種や時期によります)

送別会の花束!とかを予約するとだいたい3,000~5,000くらい考えますよね。

だけど普段買う日常のお花の数量ならとーっても安いんです。

それにはなを飾らない時期は切り花って2~3日みたいなイメージがあったのですが、全然!上のチューリップとサンダーソニアはそろそろ限界に近いですが、レースフラワーは全然変わっていない。これを購入したのは2/20、で今日は3/5。約2週間も楽しめた(多分もっと楽しめる)!

コスパよくないですか?

癒し効果

人間が花を飾るのは生活空間に花を飾ることで、自らの感性を刺激したいから。

そして癒されたいからだと思っています。

テクノロジーが発達して自然が遠いものになってきました。

今自分の周りを見渡してください。自然のものがいくつありましたか?

私がこの記事をかいているときには、目の前にある花以外すべて人工物です。

テクノロジーの進化は悪いことではなく、便利なものもどんどん出てきています。しかし、本来自然の中で生きる人間にとって、人工物ばかりに囲まれた生活はただ生きているだけで、知らず知らずストレスを抱えているのです。

公園にいくとホッとする。田舎の集落に行くと懐かしくて安心する。山に行くとすがすがしい気持ちになる。

花を見るとリラックスできる。

研究結果でも、生花を見ながら作業した場合リラックスできストレスが軽減されたという結果がでています。

思わぬメリット

花は美しいので周りが雑然としているとなんだか申し訳なくなり、一生懸命キレイを保とうとします。

我が家は物がありすぎてすべてモデルルームのようなキレイさに!というわけにはいきませんが、花を活けてある周囲は整頓状態を保っています。

花を飾ってみようかな?という気持ちになりましたか?

最後に飾らない理由をクリアにしちゃいましょう♡

「手入れが手間・枯れる」

花の手入れといえば毎日水を変えることくらいです。簡単すぎる!

それすらも面倒な方は流行りのハーバリウムかプリザーブドフラワー、ドライフラワーを飾っちゃいましょう。癒し効果は期待できます!

そして生花のお助けアイテム☆

切花栄養剤(キープフラワーなど)

お水にこれを入れておくだけで、水替え不要。

バクテリアの繁殖を抑えて栄養を与えます!放置で問題ないです。

「飾る場所がない・飾れない」

豪華なアレンジメントを飾る必要はありません。1輪だけでいいんです。一輪だけのスペースなんてほんのスマートフォンサイズの面積があれば余裕です。

そして花瓶もコップでOK。

「金銭的な余裕がない・高い・もったいない」

コスパの良さは上で書いた通りです。それでももったいない、本当に衣食住で精いっぱい何も買えないという方には強要できません…(泣)頑張って生きていきましょう。

「時間的余裕がない」

手入れに関する手間は水替えくらい。毎日1分くらいですね。

栄養剤を使ってしまえばそれすらサボれます。

買いに行く暇がない?近所に花屋はありませんか?都心部には駅にも。

花を1本選んで買うくらいなら数分で済みますよ~

本当に時間がない!でも気になるという方や田舎すぎる人のために生花定期便考案中です♡ 商品化まで少々お待ちください。

「買わない・必要がない」

ここまで見ても必要ないと思いますか?

それでは仕方ないですね(泣)そういう生き方もあると思います。

少しでもお花を飾って癒される人が増えることを願っています☆